ピアノとわたし

アラフォーでピアノを再開し、現在アラフィフ。毎日ピアノを弾いていて感じたこと、気づいたことを書きとめています。。

2019年02月

私のピアノを一番たくさん聴いているのは、まぎれもなくうちの愛犬Rだ。


窓際の でひなたぼっこをしながら。

ピアノの下で寝息をたてながら。

ストーブの前で丸くなって。

ソファでくつろぎながら。



私が何度も間違えたとき、

スーッ

とため息をつくことがあるけど、偶然なのかしら。


私の弾くピアノを、好きでいてくれるかな。
そうだったら、嬉しいけど。


あと何年一緒にいられられるだろうか。

毎日Rと遊んだり、抱きしめたりする時間が、とても貴重なのだ。
 
人懐っこくて甘えんぼうで、感情豊かな犬だ。

元気で長生きしてね。

「ここ、弾きにく〜い」ってところがあるよね。ピアノ弾いてると。

例えば、「愛の夢」のキラキラと下りてくるところとか。
私はここに四苦八苦しているのです。長年。
なんか、指がこんがらがる。

ちなみに、薬指が人差し指よりかなり長い、男性脳タイプ。

そこを弾いてると、手首のあたりが窮屈な感じもするし。

で、昨日ふと思い立って、そのキラキラを弾く時に、鍵盤から離れるようにのけぞり気味で弾いてみたのね。
そう、腕をちょっと伸ばすような感じ。

弾けた…。

嘘みたいだけど。

やっぱり距離感って大事なのかも。
何事も。

近寄り過ぎない方がうまくいくこともあるのよ。

あの人と私みたいに。



そして新しいブログをスタート。

これまで何度ピアノブログを挫折してきたことか・・・。
ピアノのことを書くって本当に難しいんですよ。
感覚的なことならともかく、具体的な内容になってくると言葉で説明するのが難しい。

だから、ピアノを弾いていて感じたこととか、子供の頃の記憶とか、そういうことをメインに書いていこうかな、と思うのです。
できるかな・・・?


2月といえば、バレンタイン。
ピアノとは関係ないけどね。
アラフィフになってもときめくイベントなのであります。
チョコレートが好きだから?
いや、このイベントをとおして相手の人間性などもわかってしまうことがあって、結構納得することもあるのです。
これはまた今度書くかもね。

あと、その前に豆まきね。
でもうちは、豆をまくと、あっという間に愛犬が食べてしまうので、今年はどうしようかなー、と悩み中です。
翌日に、愛犬の背中の毛の中から大豆が出てきたりした時もあったし。

では今日はここまで。

↑このページのトップヘ